エクリン汗腺とアポクリン汗腺

体臭の要因となってしまう汗ですが、汗はエクリン汗腺からでます。この汗腺は体中にあるのですが、基本的に汗は無色透明であり臭いはまったくないじょうたいです。それに対して、アポクリン汗腺は、脇の下などに存在していて、臭いの元となりやすいのです。
汗をかいた後には、その部分に汗が残ってしまうので、その汗に雑菌が繁殖していくことにより臭いが出てしまいます。ちょうど汗に含まれている水分を補給しながら増殖するのですが、その増殖の際に臭いを発するのです。